マスクの刺激とニキビ

マスク生活で1番困るのが顎下やフェイスラインにできるニキビです。

もともと髪の毛の刺激や摩擦の刺激で肌が荒れやすかったので、毎日のように顔に触れるマスクでさらに悪化してしまいました。

http://camu-chanson.com/

少しでも刺激を減らそうとオフの日はすっぴんで過ごしたり、ファンデーションをやめてbbクリームにしたりと対策をしてみました。

しかし、すっぴんだとかえって乾燥しやすいし、bbクリームはムレて皮脂崩れが気になるようになってしまうといった新たな肌悩みが。

ニキビもなかなか改善しないし本当に困ってしまいました。

マスクを外して食事した時に顔の下半分が真っ赤だときになりますよね。

調べたところ、医療用としても使われている不織布のマスクは肌への刺激がかなり強いようです。

布マスクの方が肌には優しいけれど感染対策への効果は不織布が1番高いので、できれば不織布を使いたいところ。

直接肌に触れなければいいのでは?ということで綿のガーゼをたくさん買って、マスクの内側に当てて生活してみました。

すると、顎下のチクチクした刺激が少し軽減してニキビや赤みが目に見えて減って来ました!

まだヒモが当たるところはたまにニキビができることがあるので完全に元通りとはいきませんが、わたしはかなり効果がありました。

bbクリームやファンデーションが付着するのも防げるし、こまめに交換できるので衛生的でとてもいいです。

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。