歯磨きを頑張ろっと!

50歳になりますが、これまで口の中の衛生に深く考えた事はありませんでした。幸いにして歯並びの良い両親の遺伝なのか、嬉しい事にこの年になっても欠損歯は有りません。そんな私が歯磨きに関して考えた事を幾つか紹介します。

ブレスマイルウォッシュ

単身赴任していた頃に休日の午後には近所の温泉施設に出向く事が常でした。受付には何故か無料の歯ブラシがあります。深くも考えず歯ブラシを取るのですが、考えてみれば温泉に入る前に体は洗うので、口中も洗えば気持ちいい!との単純な理由で歯磨きを励行しました。確かに気持ちいい。単身赴任が終わっても、我が家の狭い風呂の中で湯舟に漬かりながらガシガシと歯磨きは結果的にも口腔内衛生維持に役立っていると感じています。

ある時歯科衛生士の方とお酒を飲む機会があり、歯磨きのご指導を賜りました。簡単に言えば「どこを磨くのか?」です。それまでは歯の表面を確り磨きツルツルにして「ああ、気持ちい」でしたが、嘘でした。磨く部分は「歯と歯茎の境い目」だと・・・常識だと教えられました。

???なのですが、要は歯周病でドンドン口腔内が劣悪な環境にならない様にする為には、「歯と歯茎の境い目を磨く」事が必要との事でした。そう言えば歯医者さんに行った際に行く前に歯磨きしたにも関わらず、食べかすを沢山すくい取られ大変恥ずかしい思いをした事を思い出します。正しい歯磨きで何時までも自分の歯で食事がしたいと思います。

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。