紫外線はフェイスだけではなく、髪にも悪影響

紫外線対策は、日頃あなたはどのようにされていますか。
フェイスやボディは夏には紫外線対策をしっかりされているかと思います。
女性の方ならお化粧する時、下地やファンデーションに紫外線カットの成分が配合されているものを使用しますね。

ニューモ育毛剤は評判が悪い?!真の効果と衝撃的な口コミをこっそり暴露!

男性でも透明なクリームタイプの日焼け止めクリームを付けているかもしれません。紫外線を浴びずに生活するのは無理なので、様々なアイテムで紫外線からお肌を守っていると思います。そこで意外と頭皮や髪の紫外線対策は忘れがちになりませんか。
私は真夏に海でも行かない限り帽子を被る習慣はありませんでした。でも慢性の皮膚炎の症状が出始めて皮膚科に通うようになりました。

頭皮に湿疹や赤み、痒みを伴うカサカサとした乾燥した状態になりました。
その時、頭皮にも保湿をすることが重要と医師から言われ、髪の毛は洗髪中にトリートメントや洗い流さないクリームを付けて髪同士の絡まりを防ぎ、指通りも滑らかにするようにしていましたので頭皮に保湿と言われてもピンと来ませんでした。その時に処方された薬は痒みを緩和する軟膏と保湿のローションが出ました。

保湿が足りないと乾燥による痒みやフケの原因になります。それに加えて紫外線の刺激が加わると頭皮がさらに悪化するそうで紫外線に当たらないようにちょっとした外出でも帽子や日焼け止めをするよう促されました。帽子は内側がメッシュタイプの風通しがよく、頭皮が汗を掻いても蒸れないものを被っています。

しかし、秋や冬になると周りの人が帽子を被っている人が少ないので、気恥ずかしくて被れないんです。そこでフード付きの上着を着るようにしています。
そうすると空気が冷たく感じて被っていると思われているから抵抗なく被っています。

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。