意外と忘れやすい押入れやクローゼットの湿気対策

梅雨の時期は、体が疲れやすくなっていませんか?

実は湿気対策が必要なあの場所を忘れているからです。今日は私が、意外と忘れやすい湿気対策が必要な場所をご紹介します。

http://bursamerinosenerjimuzesi.com/

湿気対策と言えばどの場所が一番最初に思いつきますか?もっとも湿気対策が重要な場所は、押入れやクローゼットです。押入れは湿気がこもりやすくカビや結露などが発生して、衣類や布団を傷めてしまいます。

私が情報収集して調べた湿気対策は、新聞紙です。新聞紙は普通紙よりも水分を吸収しやすいので、敷いておくだけで除湿効果があります。ここで注意する点は、新しい新聞紙だとインクが付着する可能性がありますので、何日か経過した新聞を処分せずに使うのをお勧めします。

そんな時はこの方法で湿気対策をした方がいいのです。

それは、閉め切っている場所を少し開ける時間を作る事です。閉め切っている押入れやクローゼットを開けて空気の入れ替えをすれば、湿気で困る事がなくなります。

押入れの換気方法は、ふすまを片方開けるのではなく、中央に寄せて両側に開けるようにすると、空気の流れができて換気効果が期待できます。

最後に、意外と忘れやすい湿気対策が必要な場所をご紹介しましたがいかがでしたか?

リラックスできる家を湿気に邪魔されないよう、湿気対策を練って梅雨を楽しみましょう、梅雨を元気に過ごす事が大事です。

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。