もっとはやく「薬用リップ」を使えばよかった

私は昔から唇が荒れやすい体質で、いつも気づけば唇の皮をめくってしまっていました。
感想が気になる冬だけではありません。湿気たっぷりの夏でもです。
そのせいで、かわいい色のリップを見つけても、どうせ自分には使えないだろうなと諦めるしかありませんでした。ぬってもすぐ皮をめくってしまうのでおちちゃうし、それ以前に、皮がめくれた部分にリップがたまってすごく汚なくなってしまうからです。
かわいいリップが使えないだけでなく、単純に荒れた唇はヒリヒリと痛いです。辛いものを食べるとすごく染みて苦痛でした。

http://ari-peru.org/

ある時、思い切って1000円をちょっと超えるくらいの額の薬用のリップクリームを買ってみました。貧乏学生の私には1000円はとても高い金額。でも、どうしてもあれ唇を治したくて購入。期待半分、諦め半分でした。だって、今までどれだけワセリンパックとかやってみても全く効果がなかったんですから。

薬用リップを塗って寝た翌朝、私は驚愕しました。
皮がめくれていない。

朝起きた瞬間は1日の中で一番唇がガサガサな瞬間のはず。
それなのに、全然ガサガサしていませんでした。

以降、薬用リップをきちんと塗っている間は全く唇が荒れる事はありませんでした。(残念ながら、サボり始めるとまた荒れだすんですが・・・)

やっぱり、「薬用」とついているだけあって、深刻なトラブルに効果抜群なようです。

唇の荒れにお悩みの皆さん、もしまだ試した事がなければ、ぜひ「薬用」と名のついたリップを試してみてください。
人生が変わります。

シミが気になります…

子育て真っ最中で自分の肌に手間をかけてあげられない日々です。いつもの肌のお手入れは洗顔後、化粧水、乳液、日焼け止め、以上!という感じです。ちょっとおでかけする予定があるときは、ファンデーションをかるくはたく程度です。自分の肌をじっくり見る余裕もありません。

http://www.ccsnm.org/

しかし、ある日、冠婚葬祭でしっかりメイクをしなければいけない状況となりました。久しぶりに自分の肌をマジマジとみたら…ショックでした。明らかに以前よりシミが増えていました。しかも、若かりし頃にした、ケミカルピーリングの後、一時薄くなっていたはずの、過去のシミが浮き出てきて、大きく、すごい存在感を放っていました。「これ、どうやって隠そう」と必死でファンデーションを塗りたくり、その場はしのぎました。

(実際は、しのげていない)肌って、きちんと毎日コツコツ、大切に手間をかけてあげないと、あっという間に衰えると、実感しました。若かりし頃は、ちょっとお高い化粧品を使っていましたが、今は、2人の子供の育児、パート勤務で、自分の自由になるお金もありません。

スーパーの棚にあるような、安い化粧品ばかりを使っていました。「美肌は一日にしてならず!」経済的には相変わらず苦しいので、せめて今使っている化粧品の効果を最大限に引き出せるように、自分の肌ともう少し、時間をかけて向き合っていきたいと思います。

敏感肌でつよい成分の化粧品が怖い

美容効果の高い化粧品にはすごく興味があり、新成分配合の新商品などはとっても気になります。
ですが、敏感肌なので、刺激が強いものを使うと炎症を起こしてしまうので、新商品に挑戦することを躊躇してしまいます。
最近の肌の悩みは、薄っすらとしたシミが増えてきたことです。

メリフバームクレンズの効果と口コミ体験談

元々色白だったので、薄いしみでも目立ってしまう気がしてとても気になります。
やはり、30代後半ともなると、いくら紫外線に気を付けていてもシミが出てきてしまうものなのですね・・・。

そのため美白美容液は色々と試しています。
ただ、敏感肌なうえ、美白美容液は以前白斑の問題などもありましたから、よけい慎重になってしまいます。
色々な口コミサイトをみたり、雑誌を読んだりして自分なりに大丈夫そうなものであれば試しています。

自分の中で効果があったと感じたものは、ポーラのホワイトショットです。
シミが使用前よりも薄くなってきたし、美白美容液にありがちな乾燥などもありません。
ただ、結構いいお値段はしますね。

最近は飲む美白サプリも気になっていますが、美白サプリを飲むと白髪が増えるといううわさも耳にするので、少し心配でまだ試していません。
トマトは美白によいと聞くので、健康効果も期待してトマトは毎日食べるようにしています。

外からと内から、これから紫外線が強くなる季節なので、自分にできる範囲での美白を頑張りたいと思っています。

お肌の悩み~ニキビなどに悩まれている方~

ニキビやお肌のトラブルに悩まれている方は少なくないのではないでしょうか。

女性、男性関係なくお肌のトラブルに悩まれている方はとても多いと思います。

一番ニキビができて気になる場所といえば、第一印象ですぐにわかる「顔」ですよね。

顔のニキビはとても気になります。鏡を見て裕綱気持ちになったことがある方も多いと思います。

いろいろ高額な美容グッズなどを買いそろえても、なかなか簡単に治ってくれるものではないですよね。

そこで、お金をかけずにニキビや肌のトラブルを落ち着かせる方法があります。

それは十分すぎるほどの睡眠です。

お金もかからないしとても簡単だと思いませんか?

22時~2時までの間はお肌にとってのゴールデンタイムともいわれています。

22時ぴったしに布団に入って就寝することができなくても23時でも0時でも大丈夫です。その時間内には就寝することを心がけてみてください。

一週間もしないうちに効果を実感できると思います。

夜勤などで生活リズムが変わっている方は、時間を決めて毎日同じ時間帯に寝ることを心がけてください。生活リズムを作ることでお肌のトラブルを予防することは十分にできます。

だまされたと思ってぜひ一度お試しください。

お肌のニキビやかさぶた

女性特有ではありますが、月経周期になると顔にニキビができます。

昔から学生時代なども肌荒れに悩んだことは本当にありませんでした。しかし年齢を重ねるごとにある一定の周期で、肌が荒れることがわかりました。これに関しては、女性特有のものなので仕方がないことだと思っていました。

クスリはあまり使いたくなく、ナチュラルにできれば治したいと思っています。オーガニックのものを使ってみるなど、インターネットには書いてありますが、いまいち手をだす勇気がないので困っています。また、長年頭皮にできるカサブタにも悩まされています。耳の後ろの一部にカサブタができます。

ふと気付いたときには、痒くて痒くて毎日掻いてしまいます。そのたびに、カサブタが取れ、またカサブタができるの繰り返しをしています。また、カサブタを取ることが、気持ちが良くて治りがとても遅いです。

1番は、もちろん触らないことが1番いいと自分では思っていますが、癖になってしまい、とっても苦戦しています。かきむしることで、小さいカサブタが髪の毛につき、フケのようになり不衛生にもみえてしまいます、そのようなつもりもないのに、他のひとにも不快感を与えてしまうので早く治したいです。

10代はニキビ、20代からは吹き出物 尽きない肌の悩み

お肌の悩みで10代で一番多いのはニキビではないでしょうか?

中学生くらいから突如出来始めるニキビは

できない人はまったく出来ないので、出来てしまった人は

思春期ということもありかなりお悩みになったのではないでしょうか?

ひと言でニキビと言っても、ひとによってお肌は異なるため

これが効く!とメディアで取り上げられているものでも

効果が見られないことがあってがっかりすることも。

潰してはダメだと言われていても、どうしても気になってしまって

潰して肌を痛めてしまうこともあります。

そんな10代のニキビは大人になるとより複雑なものに変化します。

名称も「二十歳を過ぎたらニキビは吹き出物」と笑い話のように言われますが

ニキビとはまた違った事情になっていきます。

例えば、肌質がオイリー肌、乾燥肌、混合肌といった具合で

状況がより複雑になっていきます。

また、ストレスで吹き出物がでてしまうことも。

肌トラブルに悩む女性の話を聞くと

「皮膚科を何件も回ってようやく自分に合うところを見つけた」だったり

「洗顔や化粧品を色々試して、やっと今のものに落ち着いた」など

自分なりに炉力をしている方がたくさんいらっしゃいます。

もし、医療での治療するという観点と

女性としてメイクをすること、肌に負担はなく跡もキレイに仕上がる、といった観点を

両方兼ね備えたようなニキビ外来に+αされたような場所があったら

悩める女性にとって救世主になるのではないか

と、自身も肌トラブルで悩んできたので思うことがあります。

お肌の悩みはいくつになっても尽きることはありませんね。

ニキビ肌への対策方法

・保湿をしっかりすること

顔を洗ってお風呂から上がってから、そのままにしていませんか?

その時化粧水やシートパック等で保湿をするのを毎日続けるだけで肌はだいぶ改善されます。肌が乾燥していると、ニキビができやすくなるので保湿が第一だと考えています。

・気になるところには軟膏を塗る

ニキビ用の塗り薬はたくさんありますが、その中でのおすすめを紹介していきます。オロナインとテラコートリルの二つです。オロナインは言わずと知れた便利なものですね。どちらの薬もよく使っていますが、次の日にはできてしまったニキビも小さくなっています。そのため薬を塗ることもおすすめです。

・食生活に気を付ける

これもかなり重要だと考えています。ハンバーガーやポテトのようなファストフードやお菓子をよく食べる人は量を減らしたほうが良いと思われます。本当は食べないほうが良いと考えています。(肌だけでなく体にも悪いので。)

また、ビタミンが足りていないと肌の調子は勿論胃腸の調子も悪くなってしまいますので、野菜を意識して食べることが大切です。それでも足りないと感じる人や、野菜が苦手な人はビタミン剤で補うことをおすすめします。

以上のような点に気を付けてそれらを毎日続けていけばニキビは減っていくと思います。気になったら試してみてください!